カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ブログ内を検索

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

最近のコメント

リンク

mobile

qrcode

その他

■日本プレイセンター協会ブログ

日本におけるプレイセンター普及の動きや、各地のプレイセンターの活動についてお伝えします。
皆さまからのコメントもお待ちしています!

プレイセンターポピンズを訪問しました

11月9日に山形県鶴岡市のプレイセンターポピンズを訪問しました。
午前中のセッションでは遊びの様子を見学させていただきました。

1年前と比べ、お母さんたちの関わり方が自然になっていました。



セッションの中で、お外に出てチューリップの球根を植えました。来年の春が楽しみですね。


午後にはスタッフやお母さんたち、他の児童館の職員さんを対象にワークショップをしました。
一人1 枚子どもの頃の絵を描いていただき、その後に一人一人その絵の解説をしていただきました。
色々なエピソードの中にその人の子ども時代にかけてもらった言葉や体験が、今の自分と繋がっているのが分かって、いいシェアタイムになりました。
 
夜はスタッフの研修、翌朝は振り返りと充実した2日間でした。
ポピンズの皆さん、ありがとうございました。(足立)
 

山形県鶴岡市でスーパーバイザー養成講座を開催しました

2014年10月11日・12日は、協会スタッフである佐藤(理事長)、足立(副理事長)、早川(事務局)の3人で山形県鶴岡市を訪問してきました。
今回の訪問の目的は、プレイセンターのスーパーバイザー養成講座を実施すること。講座開催に際しては、今年6月、鶴岡市南部児童館内に新たに誕生したプレイセンター・ポピンズさんと鶴岡市社会福祉協議会の皆さまにご協力をいただきました。この場を借りて厚くお礼申し上げます。養成講座には、児童館の児童厚生員及び職員、社会福祉協議会や行政の方、子育て支援事業者など様々な立場の方々にご参加いただき、お陰さまで素晴らしき学びの会となりました。



11日は、鶴岡市南部児童館の職員の皆さまと研修会                



  12日は、スーパーバイザー養成講座を実施


受講者のみなさまと                                                              




プレイセンター・ポピンズの拠点となる南部児童館前で

【訪問した3名からひとこと】
南部児童館の石川正廣館長は、10年前からプレイセンターに着目し、ご自身でプレイセンターの研究をなされ、ずっとプレイセンター開設に向けての構想をお持ちだったとのこと。その話を聞き、館長の思いの深さに感動しました。石川館長の強い思いが、ポピンズのスーパーバイザーである「みさりん、ひろる、ゆいぴ」に伝承され、素晴らしいバランスでポピンズが開催されていました。みさりんは、人の心に寄り添うことのできる素敵なスーパーバイザーです。これからここでたくさんの家族が成長していくのだろうなと今後のポピンズの姿を思い描きました。
急がず、ゆっくりとプレイセンターを形作りたい。プレイセンターの地道な活動の積み重ねを経て、ゆくゆくは鶴岡にプレイセンターを定着させたいという館長の思いに私たち協会スタッフもお供させていただきます。本当に素敵な機会と出会いをいただき感謝の思いでいっぱいです。それにしても鶴岡市の児童館の充実ぶりには驚きました。参加者の皆さんにも心よりお礼申し上げます(佐藤純子)。

 
6月にプレイセンター「ポピンズ」をオープンさせた鶴岡市に伺いました。7月に訪問したときにお会いした皆さんが書いてくれた、学びあいのレポートを見て感激しました。短い期間に皆さんの中に、プレイセンターの理念が定着していました。嬉しいな〜。今回は「スーパーバイザー養成講座」で、代表の佐藤、事務局の早川と一緒でした。鶴岡の児童福祉の現場にいらっしゃるみなさんや、山形市のNPO「子育てサークルランド」のみなさんと交流でき、充実した2日間でした。今回蒔かれた種が各地で花開く日が来ることを夢見ております。鶴岡の皆さま、大変お世話になりました。心より感謝しています。(足立隆子)。

今回初めて講座のお手伝いに参加しましたが、参加者に恵まれた素晴らしい会がデビュー戦だったことが幸せでした。児童館職員と子育てランドあ〜べの方とどちらも子育て支援の現場の方ということで、サービスを提供する子育てのありかたに疑問やこれでいいのかなどさまざまな考えをもたれており、最後のディスカッションでプレイセンターは親が育つ活動だと少しでも共感が得られたことが嬉しかったです。
なにより、南部児童館トップの石川館長さんの考え方が素晴らしく、長く活動が続くために、活動規模やスタッフを育てることへの理解がすばらしく、こちらのサポートもしやすい環境だと感じました。別の児童館の方が、自分たちのところでも立ち上げたいとおっしゃってくださったことが嬉しかったです(早川數美)。

プレイセンターかんがるーで講演・ワークショップを行いました

2014年9月29日(月曜日)10:00〜12:00 川崎市中原区で長年活動している「かんがるー」さんで「プレイセンターの遊びと実例」をテーマに講演会・ワークショップを行ってきました。

最初にプレイセンターが推奨する「16分野別コーナー遊び」の意義や子どもの発達と遊びについてのお話しさせていただきました。

後半は、実際に遊びをしてみようということで、今年は「Salt Art:お塩で絵をつくってみよう」を皆で行いました。

まずは、お塩と色粉で素材づくり


それぞれ思い思いの模様で!
「ガチャポンのカプセルを使うといいよ」や「大きい子であれば食紅ではなく
チョークでもいいね」とお母さん方からたくさんの遊びのアイディアがでました手


最後は、こんなに素敵な作品が出来上がりました!!

スーパーバイザーも増え、みんなの協働やチームワークの素晴らしさが光るかんがるーさん。
今後の活動も盛り上がっていくと実感した一日でした。この度は、お呼びいただきありがとうございました。

プレイセンター・ポピンズ訪問

 77日、8日に理事の足立が、今年の6月に山形県鶴岡市にオープンしたばかりのプレイセンター《ポピンズ》に訪問させていただきました。

ポピンズ集合写真

 今年の春にオープンした鶴岡南部児童館での恵まれた活動です。素晴らしい環境の中、15組の親子でのスタートになりました。

ポピンズ室内の様子

 木造の明るい児童館の遊戯室で、絵の具のお絵かきや小麦ねんど、新聞プール、工作、マット遊び、パズルなどの遊びのほか、ベランダの外では水遊びもできました。他にも授乳室のある落ち着いた絵本のお部屋もあって、子どもたちは自分の好きな遊びをしていました。鶴岡は三世代の家族が多いということですが、ママがお仕事をしているお宅のおばあちゃんが参加している人もいらして、とてもいきいきとお孫さんと遊んでいらっしゃる姿が印象的でした。

遊びの様子2 

遊びの様子1

 他の児童館の職員の方も見学にいらしていました。午後の勉強会のときの感想では「自分たちの館でも親子広場をやっているが、お母さんたちの動きが全然違う」とおっしゃっていました。まだたった1か月ほどしか経っていなくても、ちゃんとプレイセンターの理念がお母さんたちに通じているようでした。これはプレイセンターにご理解のある館長さんの思いと、スタッフの皆さんの真摯な努力のたまものだと思います。

遊びの様子3

 翌日はプレイセンターのスタッフの皆さんと、これからの改善点や可能性などについて話し合いました。こうして今までとは違う視点で地域の子育て支援をしていこうと新しい試みをしてくださることに、心から感謝の気持ちを抱きました。

 協会としては10月に鶴岡でスーパーバイザー養成講座を開き、鶴岡の皆様にもっとプレイセンターへのご理解を深めていただくとともに、これからの可能性を探っていけるようにしたいと思っております。

 鶴岡の皆様、温かくお迎えいただき、ありがとうございました。これからもプレイセンターを通して長いお付き合いをさせていただきたいと思っております。

(足立)

ピカソです☆今年もよろしくお願いします

1月7日から、プレイセンターピカソの今年の活動が始まりました! 全国各地のプレイセンターではどんな新年を迎えられたのでしょう? ピカソの元気いっぱいな新年の様子はこちらです。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

テファリキのワークショップを楽しみにしているプレイセンターピカソです

プレイセンターピカソです。こんにちは。  

12月19日をもちまして、今年もピカソの活動を笑顔で終了することができました。ありがとうございました。  

今年も、楽しいこと、考えさせられること、沢山ありました。  詳しくはピカソHPの活動日記に載せていますので、ご覧いただければ幸いです。
コメントもお気軽にお願いできたらと思います。  
 来年も、子ども達のために親が成長できる場として積極的に活動していきますので、応援よろしくお願いいたします。

 年明け1月12日に佐藤純子さんをお招きしてのテファリキのワークショップがあるので、来年もいいスタートが切れるととっても楽しみにしています。  

それでは皆様、良いお年をお迎えください。 

プレイセンターピカソ ブログ担当 Akiko

青森にプレイセンターを創る会・出前講座

  7月16日の土曜日に、青森にプレイセンターを創る会より
招聘を受け、「テファリキ(ニュージーランドの全国統一幼児教育カリキュラム)」
の講座とワークショップに行ってきました♪

素敵な「テファリキ」の作品
製作ワークショップ


 当日は、前半にテファリキについての説明やプレイセンターの体験記などを
踏まえた講座を実施。会場の皆さまも熱心に聞いていただき、とてもハリキリました。
お父様のご参加も3名あり、やはり、子どもにとっての親は、父も母も両方ですから
お互いを補いながら子育てに参画することが重要だと改めて実感しました。
後半は、ワークショップ。講義だけでは伝わらないこと、受講者が身を持って経験すると
理解できることは、多いので実際にテファリキを作ってみました。
ストライプの作品、ざっくり編みの作品、繊細な作品、そのどれもが素敵でした☺
子どもの個性や発達も同じですね。

代表・さったん
代表のさったん
 
昼食の懇談会では、育児の悩みや相談、活動の現状や青森の子育て事情が
聞け、私自身、とても刺激を受けました。また、ひとりのお母さんは「ねぷた」の伴奏ができる
ということで、笛で奏でてくれました。心に沁み入り、音色を聞き
ながら、この出会いをいただいたことをありがたく感じました。感謝!

 青森のお母様方、お父様方がすごくパワフルです!いろんな方が参加してくれましたが
全体として、じんわりと底力のある方ばかりで真剣さがとても伝わってきました。
今後のご活躍が楽しみです。

 青森は、とても素敵なところでした。帰りは、代表を務めるさったんと旦那さまのしのたん、
娘さんのこころちゃんに青森観光に連れて行っていただきました。もっともっと観たかったです。
今度は、プライベートで行ってみたいです。

青森にプレイセンターを創る会の皆さま、お招きいただき本当にありがとうございました!!
今後とも交流してゆきましょう。

プレイセンターの子どもたち



佐藤純子

ピカソ通信の担当者からのメッセージ〜「プレイセンターピカソ」より

日本プレイセンター協会 役員の金子です。

「プレイセンターピカソ」でピカソ通信を担当している、なおえちゃんより日本プレイセンター協会を通じて以下の情報が共有されました。

今回の東日本大震災は、私たち大人だけでなく子どもたちの心にも大きな影響を与えております。
この情報を共有している、私自身も三半規管が影響を受け、いわゆる「地震酔い」になってしまいました。

平日の昼間に起こった地震は、各メディアでも連日大きく取り上げられ、津波等のリアルな映像が繰り返しテレビで流されましたので、心理的な影響も大きいのではないでしょうか。

プレイセンターピカソから配信された内容の中に、私たち協会役員からの有益な情報がありましたので、合わせてご覧いただければ幸いです。
※他のHP(「になニーナ」アメーバブログ)へジャンプいたしますが、日本プレイセンター協会とは直接関係がありませんのでご留意ください。
NPO法人 多世代交流館になニーナ 様の情報を参照させていただきました。


以下は、ピカソメンバーに向けて配信された文章全文コピーです。
 なおえちゃん、情報共有ありがとう!

==========

 18日のお別れ会は残念でしたね。当日、配る予定にしていたピカピカは、内容を変更して4月に再度発行したいと思っていますが、いま、どうしても伝えたい部分だけを、メールで配信しようと思います。



震災から1週間が過ぎましたが、私たち大人も子どもも疲れが出てくるころです。

不調を訴える子供も増えているようで、うちの子たちも夜泣きをしたり、お腹が痛いとよく言っています

「震災報道、子供の心理に影響」という報道がありました。

このニュースによると〜
▽幼児には悲惨な映像をなるべく見せない
▽親がテレビを見る時には近くにいて、「ママ(パパ)がいるから大丈夫」などと声をかける
▽災害と死を結びつけたり、死んだら会えないといった話をしたりしない
▽枕元に子供の宝物を置いて安心させる−などが大事ということです。


「幼児は恐怖を感じても、地震の時に正しく対処できるわけではなく悪影響の方が大きい。不安を取り去るよう工夫してほしい」とのことです。


また停電や物不足の日々の中、生活を守る立場の私たち母親のストレスも限界に近づいています。
「東北の被害に比べれば私たちなんて…」
「計画停電ぐらい我慢しなきゃ」
など、みんな本当によく頑張っていますよね。


でも1週間たっても、まだ元通りの生活が送れない私たちも、震災の被害者であることには変わりありません。
だから私たちだって「大変だ」、「しんどい」、「疲れた」って言っていいと思います。
泣いたっていいんです。


こんな毎日だからこそ、頼れる人はどんどん頼ってしまいましょう。
被害のなかった地域から物資援助をお願いする。自分の不安な気持ちを誰かに聞いてもらう…。
私たち自身、頑張りすぎないで、甘えられる人には甘えて、心のゆとり、安定を取り戻しましょう。


「まなびあい」などでお世話になっている石田由紀子さん(ゆきちゃん)から、「になニーナ ブログ」というHPが有益だと情報提供をいただきました。


その中から、ママのセルフケアという項目があったので転載します。

 目を閉じて大好きな場所を想像しながら大きく深呼吸してみましょう。
 腰からお尻にかけて温めるようにまあるくなでる。
 お子さんと目を合わせてからぎゅーっと抱きしめ合う。「大丈夫だよ」と声に出して言う。
 周囲を広く見渡してみる。同じ境遇にいる人たちを客観的に見られると意外と力が湧いてきます。
 写真やアロマやスイーツなど小さくてかさばらないものを、こっそり眺めたり香りを楽しんだり。
 お気に入りアイテムを忍ばせて自分のリセット法を普段から用意しておく。
 頼りにしている人に相談する。ママ友、近所のおばちゃん、サークル仲間等々。いざという時の心のライフラインを持っていると安心。
 頑張りすぎない。「たすけて!」と言える勇気を持って。


私は春休み中、関西の実家で過ごすことにしました。
東京に居る時は買い物に困っていましたが、親戚・友人からたくさんのエールと物資援助をいただき、気分的にとても救われました。
逆に私は今なら、東京に居て困っている人に何かものを送れる立場にあります。だから、困ったときは遠慮無くメールくださいね。

今こそピカソのつながり、絆を大事に、みんなみんな、健やかな日々を送れるよう、手を取り合いましょう!

特に妊婦さんや、生まれたばかりの赤ちゃんを抱える仲間が困っていないか、ちょっと「おせっかい」でも声をかけあうことが必要な気がします。

大変な毎日ですが、この困難を乗り越えて、4月、子供たちの輝く笑顔に再会できることを楽しみにしています。


プレイセンター・ピカソ
なおえちゃんより

※個人のメルアドが記載されておりましたが、個人情報保護のため、削除させていただきました。


==========

日本プレイセンター協会
役員
金子麻美


卒業おめでとう

東京都国分寺市で活動しているプレイセンターピカソです。


3月はお別れの季節。
4月から幼稚園や保育園に通うお友達、お引越しするお友達が、ピカソでは今年も20数名います。

毎月1回開いている「まなびあい」(=親のための学習コース)では、ピカソに通ったおかげで子どもも親も成長できた、楽しんで育児ができた・・・などなど、感謝の気持ちがいっぱい聞かれ、感動の涙、涙・・・の会となりました。

また、子供たちのために「お別れ会」も開き、お母さんたち手作りの紙芝居やパネルシアターなど出し物のほか、今年は「群読」にもチャレンジ。
そして、卒業する子供たちにエールを送り、「ビリーブ」を歌いました。



ピカソでは、NZのプレイセンターで行われている「ラーニング・ストーリー」に倣い、「個人記録」として、日々の子供たちの様子を記録しています。

上手に積み木で遊んでいました、とか、粘土でこんなものを作っていました、とか、お友達とこんな会話をしていました、とか・・・、ささやかな記録なのですが、自分の子供だけでなく、すべての子供たちの様子を、誰が記録してもいいことになっています。

さらに卒業の前には、それぞれのお母さんたちから、改めてメッセージが寄せられ、お別れ会で、これまでの個人記録とともに、手渡されます。

成長を振り返るうえで、とてもいい記念になりますし、何より、自分の子どもが、こんなにも温かく、たくさんのお母さんたちに見守られてきたんだ、ということを実感し、本当に感動するんですよ。

そして最後には、お世話になっているビーンズ(スーパーバイザーの3人)に花束とアルバムを贈呈しました。
今年も一年、本当にありがとうございました。



日々の運営を、お母さん達の手によって行っているピカソでは、春からはまた新しいお母さんたちにたくさんのお仕事もバトンタッチです。

でも、ビーンズのもとで、このバトンタッチが、うまく行われて、一年、一年を積み重ねています。

卒業の季節は寂しいけれど、また新しい春も待ち遠しいです
4月は7日から活動を再開します!





詳しいピカソの活動の様子は、活動記録をごらんください。


<プレイセンターさくら>こどももちつき

1月18日、今年初のプレイセンターは新年のおもちつき。

子供用の小さな杵と臼を持ちこんで、ぺったん、ぺったんしようと計画しました。が、おもちゃのような臼ではおもちが時間内に出来ないということで、もちつき機も持っていきましたが、古いせいか、うまく作動せず、結局、蒸し器でもち米を蒸して、臼でつぶしてつくという本格的な流れに。おもちが苦手な小さな子たち用に最初にごはんを炊いて、おにぎりをつくりました。
































おにぎりを作っている間に、おもちを作っていたのですが、なかなかうまくいかずに悪戦苦闘。
やっともち米が蒸しあがり、いよいよおもちつき。



ちいさなおもちゃのような臼と杵でしたが、けっこういいおもちになり、おにぎりを食べた後も別腹で食べている子たちが多かったです。
いい体験になったかな。
次は、スムーズにいくように、またおもちつきをやりたいです。


by プレイセンターさくら 


| 1/3PAGES | >>

このホームページに掲載の記事・データベース情報などの無断転載を禁じます。
Copyright © Japan Playcentre association