カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ブログ内を検索

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

最近のコメント

リンク

mobile

qrcode

その他

■日本プレイセンター協会ブログ

日本におけるプレイセンター普及の動きや、各地のプレイセンターの活動についてお伝えします。
皆さまからのコメントもお待ちしています!

卒業おめでとう

東京都国分寺市で活動しているプレイセンターピカソです。


3月はお別れの季節。
4月から幼稚園や保育園に通うお友達、お引越しするお友達が、ピカソでは今年も20数名います。

毎月1回開いている「まなびあい」(=親のための学習コース)では、ピカソに通ったおかげで子どもも親も成長できた、楽しんで育児ができた・・・などなど、感謝の気持ちがいっぱい聞かれ、感動の涙、涙・・・の会となりました。

また、子供たちのために「お別れ会」も開き、お母さんたち手作りの紙芝居やパネルシアターなど出し物のほか、今年は「群読」にもチャレンジ。
そして、卒業する子供たちにエールを送り、「ビリーブ」を歌いました。



ピカソでは、NZのプレイセンターで行われている「ラーニング・ストーリー」に倣い、「個人記録」として、日々の子供たちの様子を記録しています。

上手に積み木で遊んでいました、とか、粘土でこんなものを作っていました、とか、お友達とこんな会話をしていました、とか・・・、ささやかな記録なのですが、自分の子供だけでなく、すべての子供たちの様子を、誰が記録してもいいことになっています。

さらに卒業の前には、それぞれのお母さんたちから、改めてメッセージが寄せられ、お別れ会で、これまでの個人記録とともに、手渡されます。

成長を振り返るうえで、とてもいい記念になりますし、何より、自分の子どもが、こんなにも温かく、たくさんのお母さんたちに見守られてきたんだ、ということを実感し、本当に感動するんですよ。

そして最後には、お世話になっているビーンズ(スーパーバイザーの3人)に花束とアルバムを贈呈しました。
今年も一年、本当にありがとうございました。



日々の運営を、お母さん達の手によって行っているピカソでは、春からはまた新しいお母さんたちにたくさんのお仕事もバトンタッチです。

でも、ビーンズのもとで、このバトンタッチが、うまく行われて、一年、一年を積み重ねています。

卒業の季節は寂しいけれど、また新しい春も待ち遠しいです
4月は7日から活動を再開します!





詳しいピカソの活動の様子は、活動記録をごらんください。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

このホームページに掲載の記事・データベース情報などの無断転載を禁じます。
Copyright © Japan Playcentre association